フリーランスのメリット

エンジニアがフリーランスになるメリットは色々とあります。
まず最も大きなメリットは、自分の好きなようにキャリアを積むことができる点です。
会社員として勤めるエンジニアの多くが、実はこの点で不満を抱くことになります。
企業という組織は効率良く業績を生み出す必要があります。
そのために人材には最大限の成果を生み出すような仕事の割り振りをします。
スキルアップのために不慣れな仕事を任せるような余裕は無いということです。
そしてエンジニア業界は技術革新のサイクルが早く、そのような新しい技術を身に付けた新人が次々に参入してきます。
そのような人材を雇う方が、教育を施すよりもコストがかからないというわけです。
そこでフリーランスが、そのような新人を雇う代わりに業務を請け負うということになります。
そのために仕事の獲得方法は、企業が教育にかけるコストがないような仕事を探して請け負うという形になります。
つまりニッチなスキルを必要とする業務が多いので、そのようなスキルを身に付けることができるわけです。
企業が有する人材が備えていないスキルを身に付けることで、高単価な仕事を獲得できるのもフリーランスの特権と言えます。
そのために収入が増えたり、あるいは仕事に余裕が生まれるので自由に使える時間が作れるのもメリットとなります。
もちろん、普段からスキル磨きを意識することが大事ですし、そのための時間を確保する必要もあります。
常に自己鍛錬を行うことが仕事の確保につながります。